kuhl Hair salon

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-17-8
オリエンタル原宿106号室

・営業時間
水曜日~土曜日
AM11:00~PM9:00
日曜・祝日
AM11:00~PM7:00

・定休日
月曜日・火曜日
(月祝祭日の場合は営業致します)

☆年末年始のお休み☆
12月31日(日)から1月5日(金)
までお休みとさせていただきます。















 

お問い合わせ
  • kuhl shop
Facebook Twitter mixi

HOME > Blog > アーカイブ > 旅行

Blog 旅行

クアラルンプール3日目



この日も朝はゆっくり。

また9時過ぎに朝食。

0183ddecb14567db7ba0f30ad78ce0e41d073701e8.jpg



この日はフレッシュ野菜ミックスジュース。
甘い系のマフィンもとってみました。

ショッピングモール内にはコールドプレスジュースなんかもだいだい見かけるし、日本のメーカーや日本の会社がテナントとしても入っている感じ。ラーメンやココイチなんかも。
明日は帰るだけなのでお土産探しのパビリオンも地下スーパーへ。

そして地下のフードコートがかなりの広さで充実しているので、そこも一通り見学して一度ホテルへ。

私はジムにも行きたくて、一人30分だけジムでかる~く運動。

その間娘たちは隣のキッズルーム。

プールが午前中は寒いのでとりあえずそんな感じで時間を過ごしました。

午前のお買い物は旦那様と娘はホテルに置いて行ったので、またお昼かねお買い物パビリオンに戻るbleah

本当に近くで良かったと思うほどになんだかんだと行きます。


そしてお土産や一通りお買い物を済ませて午後3時頃にホテルのプールへ再チャレンジnotes


日差しが出ていて寒さはましだったものの、深いので水温は冷ため。
寒がり娘は1時間も遊ばず終了ww

お部屋でのんびり過ごして暗くなるのを待ちました。

この日は昨日近かった遊歩道を通ってKLCCへリベンジして夜景を見に行こうとなり夕寝してぐずぐず娘をおんぶで歩きました。

着いたらちょうど音楽に合わせ噴水が。

0152d1a5a6c41ee67a19fb8affa6c97662797b387b.jpg

013d9e57cd85cdd2ccdf8fad9ca81f90f9ccbea6e5.jpg

昼間も素敵ですが、夜はなかなかの雰囲気。
30分置きくらいに新しく曲も変わり噴水の動きも変わるような感じ?なのでずっと見ていて飽きなさそうでした。2クール見て戻って軽くのはずの最後の晩餐を。

またパビリオンの外廊下部分のレストラン『O'Galito Mediterranean Restaurant&Bar』
にて夜10時からの遅い夕食を。

01fbf48a2fd16c28916dccf415b9da440273e20549.jpg


ラムチョップ、ロブスターのパスタ、ピザとポテトを頼んでみました。
このお店が価格としては日本の物価と変わらない感じでこの旅行で一番高く感じるけれど、このボリュームでいったら安かったです。

次の朝はまた遅い朝食。

夜が遅かったのでフォーを軽く食べました。

そして、帰国のため空港へ。

空港が2つに分かれていることなど何も考えずにターミナルが違ってしまうミスをし、電車移動。台風の影響か飛行機が1時間半ほど遅れるというアクシデントありで、羽田に午前12時過ぎて到着という結果になりましたが、無事に何事もなく戻りました。

やっぱり知らない景色や物をみる食べるって楽しいですねhappy01

マレーシア料理って結局のところ何なのか?屋台で食べたものが説明できるわけでもない感じでしたが、アジア料理は基本日本人にも合いますねnote


また来年どこかへ行けるよう頑張ろうと思います。









クアラルンプール2日目


予定の決まっていない朝。

朝食が10時までなので9時頃に向かうのんびりな朝。

ビュッフェスタイルでスパイスの効いたカレーや、和食もあったり、中華がゆ、パン、パンケーキにワッフル。フォーなどの麺などやヨーグルトやシリアル系にフルーツ。迷ってしまうほど。
サラダコーナーとジュースの充実ぶりも凄かったです。

ジュースは野菜とのミックスの搾りたてや、瓶に入ったオレンジ、ピンクグワヴァ、グリーングワヴァ、パイン、グレープフルーツ、クランベリーかな?色とりどり綺麗でした。
初めてみたグリーングワヴァを手に取りました。

01c95358f5b086ad179ced35292e9fd79fb47dc84f.jpg


この日はナンとカレー、キッシュ、サラダ、クロワッサン。カレーは辛いのが苦手な方は無理レベルの辛さ。

朝食の会場はかなりの冷房で日本人は寒いので羽織るもの必要です。


食後は娘の楽しみプールへ。

でも、意外と午前中はどんよりな曇り空で涼しいのできっと水の入ると寒いと言ってすぐ終わるんだろうと予想しつつ。

プールはシンプルで深め。お隣にもう一つあるのですが、そちらは16歳未満は入れないプール。24時間可能なジムも真横にあり、キッズルームもあります。


013f7d5549a82859910254e1810c6931969cbba023.jpg

残念なことに、現在クアラルンプール事態建設ラッシュ。
至るところ工事だらけ。リッツも向かい側とこのプール脇が絶賛工事中。
優雅なプールとはいかない音量でも苦笑しつつ寒さもありあっという間に上がり
キッズルームで遊びました。

01f5e0613718959793a47a2a049071dcdf87f99eeb.jpg


この日はパビリオン以外の周辺ショッピングモールを散策。
セブンイレブンがこの地区でのコンビニで、なかなか子供にはスパイシーな食べ物が多いので主食が難しく、昨日別のセブンイレブンにはなかったのであきらめていたら、外でおにぎりを食べるイスラム女性を目撃flair
おにぎりがあるのか覗くと発見sign03

でも、冷蔵の棚でもなく無造作にww
体には良いのか不安ですがとりあえず買ってみることに。

味はやっぱり外国人向け。
ツナマヨ、サーモンマヨ、照り焼きなどこってり系。鰹節が一番大丈夫かな?とかってみると、ご飯と鰹節が全体に混ぜてあり、中央に鰹節とマヨネーズsmile
やはりそうきました。
でも娘は1つあっという間に食べ、まあまあ満足した様子。

016a96f92e95316331518fe3f00f87907977fa5f5a.jpg

大人たちは並びにあるおしゃれカフェへ。
『Greyhound Cafe』
パスタもありますが、やはりスパイシーな雰囲気のパスタやお肉などもあり。
私は蟹のパスタをチョイス。
なぜだか麺は細切れ。味は少しオリエンタルなあっさりパスタでした。


01007bd6d35ee97ef62de7bb76f71fc25d90cd1406.jpg

このあとはKLCCのツインタワーを目指し、徒歩移動。
道はなかなか歩きずらい中、目指してみました。

ツインタワーの脇にはKLCC公園があり、そこで水遊びができることを娘の励みに向かってみたら、と~~~~~ても広い水場がありました。

奥には遊具も盛りだくさん。

暑い中まだかまだかと歩いた甲斐がありましたhappy02


01b841d62204365b0578aa35e2c80abbcb4c36c8eb.jpg 
01c045fff6025452517ec28b90c0b49aaf5637ebc7.jpg

大はしゃぎで遊んで遊具にも移動。

01fc8294077dc3e5e53e02397147d9508e59c5f745.jpg

遊具越しのツインタワー

01c54a612bf6aad146f90f0eda2c300a381fb245e2.jpg


この日は日没まで特に計算もしなかったために、なかなか暗くならずで夜景はあきらめて帰宅。

帰りに電車に乗ろうとしたら、ここからブキビンタンまでの歩道があることに気づき、冷房も効いていて快適にあっという間にパビリオンに到着。

ホテルに戻り夕食を検討して屋台街へ向かうことにしました。

ホテルから10分くらいのところのアロー通りという通りが屋台街。

01f0d7a3feb0e9cd6935b427c99563740ffdd09a2f.jpg

終わりまで歩いて、どこもそれほどに変わらなそうなので適当にお店を選び、注文して食べてみました。
ドリアンが大量に売られていたので後になて思えば安いだろうしどんなものかチャレンジしても良かったと後悔。

とにかく呼び込みも回ってくるおもちゃの販売も多く賑わっていましたdelicious

2日目もなんだかんだで歩き回ったかな~。

夜はホテルの窓から見える、クアラルンプールタワーを眺めながら眠るのがまたなんとも良い感じです。

019d65b50af55fc9011ead52849ac94d5c4455fe15.jpg


3日目につづく~もう最終日。









しばらくぶりの更新です。夏休みのクアラルンプール1日目



先週無事に夏休みを終えました。

ご予約など、ご協力ありがとうございました。


家族で久しぶりに海外へairplane

4日間の旦那様のお休みで行けるところで選んだのがマレーシアのクアラルンプール。

クアラルンプールというと、どこ?となることも多かった場所ですが、物価やホテルが安くて観光はほぼ無いのですが、のんびりと時間もないのでゆっくりできたらと行ってみることに。

ホテルは調べていると出てきた情報で『世界一やすいリッツカールトン』ということで、日本じゃ1泊一人6,7万クラスの高級ホテルのスイートルームを予約してみましたhappy01

今回も旦那様のお母様とそのお姉さまも一緒でしたので、3ベッドルームの5バスルームという219平米のスイートshine

ホテルだけでも行く前からワクワクの旅でした。

リビング、キッチン、書斎、ベットルーム3、バスタブ1つ、シャワー3つ、トイレ4つ、のお部屋。

本当に広かった~~~~。

スーツケースの中身を全部収納に閉まっても余る収納ww

お部屋は動画のみとりました。


ホテルのロビー、エントランスもとても素敵で何よりも暑い国の装花なのに美しいことにも感激しました。

013845e2bf4e0b91afba4ef944b4b286680133d3eb.jpg 01a1fa6f4385f05c87eed897d2b4faed34f80596df.jpg 013f7abbead544ea98d1e03b35a532d91fcf02802f.jpg

ピンクのハイドランジアと蘭系のお花。モノトーンに華やかさをプラスしてました。


羽田23時45分発の飛行機で日曜に出発し、到着は現地の朝6時頃。
空港とショッピングモールがすでに一体のようなところ。
着いてまずは両替。
大人1人1万円を現地通貨のリンギットへ。
そして朝食を空港のサブウェイでひとまず。

ファーストフードのメニューが面白く、思わず撮った写真

01d073e4340007bf057ced474e571268392a428acc.jpg



やはり、スパイシーなものが基本多い感じです。

空港からはタクシーで118?9リンギット。タクシーチケットを買って乗るシステム。

私が調べた感じでは電車よりも人数的に安かったはず!

空港から町中までは1時間くらいとなってまして、このとき1リンギット35円で日本円で4200,300円くらいでした。


ホテルはブキビンタンというエリアで、その近くに巨大ショッピングモールがるのでそのパビリオンというショッピングモールを目指しました。

到着してもまだオープン前。

パビリオンの中の空いているスタバでひとまずお茶。

開いたころに入るとその大きさに唖然happy02


01e04224fa2bc0cb620a797e5b32383cb531fe5e87.jpg

人のサイズでお分かりいただけますかね?
中央はもの凄い広い吹き抜け。
この中をうろうろするんでもなかなかの歩数ですww

こちらをとりあえずざっくり見て、チェックインまでまだまだあるので、ホテルに荷物をあずけ、そこから徒歩で15分ほどのショピングモール内の遊園地的な場所を目指すことにしました。

『ベルジャヤ タイムズ スクエア』

このショッピングモールは売っているものは現地向け?な雰囲気。
遊園地も120センチないとあまり乗れませんが、ひとまず遊べます。
屋内なのにジェットコースターなんかもあり雨の日は家族には良いかもです。

01d5c92365e0758a6c064bf8613eca5527330bd409.jpg 


このあとはホテルにチェックインして、待ちに待った部屋を見てheart04
お部屋でのんびりして、夕食をホテルの日本人スタッフの方に伺いパビリオンの中の飲茶『DAN TAI FUNG』お腹いっぱい食べてあまりの安さに驚いて帰宅。

すっかり写真も忘れる始末。

でも一人3000円いかないくらい安かったです。

この日は飛行機でもあまり寝られずくたくたで、この後寝る感じ。

1日なが~~~く感じた日でした。

ではまたつづく~~



夏休みその①~長岡花火大会~



夏休みが終わって1週間が経ちました。

お休み中も明けもバタバタとしていたこともあり、すっかりブログも書けず。。。

今年は珍しく早い夏休みをとったのは訳がありまして、新潟出身でも見たことがなかった”長岡花火”を見に行ってきましたshine

今年は2,3日の2日間で2日の火曜日に行ってきました。

ツアー参加がやはりよさそうでしたので、実家近くの宿泊施設へ見た後に移動するプランで添乗員さんのいるツアーに参加も初体験happy01


東京駅の日本橋口待ち合わせというツア-の始まりも新鮮でしたdash


ツアーという事で、花火だけではなく新幹線で越後湯沢まで行き、まずはバスに乗り換え塩沢の『牧之通り』見学。

暑いのでまずは娘はかき氷。

私はビールhappy02

bokusidori.jpg   bokusidori3.jpg

電柱のない景色は空が広くすっきりとした景色でした。

景色なんかよりも。。な娘の目に入っていたのがバスから降りてすぐの公園。

なんだか大きなオブジェのような遊具がありました。

bokusidori2.jpg


この後またバスに乗り、今度は酒蔵見学。

途中もの凄い土砂降り。。。花火が不安になりましたが、心配も必要ないくらい晴れて涼しい中、花火を見ることができました。

今回は椅子席と決まっていたのですが、とっても快適にゆったりスペースをとってある椅子席で見ることができました。

目の前に大きく降ってきそうな花火shine

写真も動画も画面に収まらないほどの大迫力sign03

見る価値のある本当に綺麗な花火でした。


nagaoka216822.jpg

nagaoka2016823.jpg

nagaoka2016821.jpg


音楽と共に、本当に圧巻の花火。

感動しましたcrying


毎年見に行くという方がいらっしゃるのもよくわかる。



終わってからは1時間席で待機したでしょうか?その後バスへ戻りバスが駐車場を出るまでに終わってから2時間かかるものの、座っていられるのと涼しさもありなんら苦痛なく過ごしました。

それから宿までは距離もあるのでうとうと寝ながら移動。

12時半頃宿に到着でしたが、快適な花火ツアーだったと思いますhappy01



翌朝は母に迎えに来てもらい、そのまま実家に帰省。

ランチに大好きなカニ料理の『割烹かまた』さんへ


車酔いでぐだぐだだったのですが、回復してカニ刺を真剣に食べる娘((笑))

201683kani.jpg







~~~~~つづく~~~~~~


















石垣島  ~旅行後編~


今週は桜も開花しましたね~cherryblossom

すっかり更新が遅くなってしまった旅行の後編を。

前半の2日はお天気に恵まれ、離島観光を楽しみましたが後半は雨の2日間となりました。

雨だと気温も低く、厚手のパーカー持ってきて正解でしたgood


雨の石垣観光を行く前に調べていたところ、石垣島鍾乳洞と工作くらいだったので、まずはこの日の朝食を豆腐屋さんがやっている島豆腐の朝食が気になっていたのでそちらへ。

『とうふの比嘉』さん

ベーシックなのは、ゆし豆腐セット。これは湯豆腐的な感じで出てくるお豆腐とご飯のセット。

私はゆし豆腐(みそ、豆乳)セットを注文。味噌汁的な感じになっていましたsign01

島豆腐のイメージはちょっとしっかりとしたお豆腐のイメージでしたが、このゆし豆腐はふわふわ過ぎず、硬くもなく、この朝食には大満足happy01

ホテルでの食事はつけていないので、もう一度来ようと決意up

そして、予定どおり『石垣島鍾乳洞』へ向かい、見学。

お土産を少し購入。

雨が止まないかな~~~っとドライブしながら川平湾方面へ向かいますが、やはり止まず。。。

晴れていたら美しい景色の川平湾を横目に、近くの工房へ。

そこで1時間ほどシーサーづくりbleah

寝ていた娘も起きてきて、ちょっとお手つだい。普通の粘土と違って、子供のあったかい手で捏ね過ぎると水分が飛んで硬くなることも((笑))


39isigaki.jpg

この日はジェラート屋さん『ミルミル』に立ち寄りデザート、石垣牛のハンバーガー屋さん『VANILLA DELI』さんで遅いお昼になりました。
ミルミルさんも晴れていたら絶景のはず。。。
バーガーは3種類をちょっとずつ味見。サルサがさっぱりで好みだったかも。
でもどれも美味しくて、近くにあったらいいのに~~というバーガーでしたnote

ba-ga-aisu.jpg

雨が降ったり止んだりのいまいちなお天気でしたが、食べ物は満足の1日。

ホテルでプールという運びになりました。

遅めのお昼という事もあり、この日はコンビニでちょっと買い物して夕食に。

明日の方がもう少し曇ってくれることを願って就寝。。。







そして

願いは届かずのどんよりな朝を迎えましたrain

前日に雨の日プランをこなしてしまたので、この日はお天気の様子を見ながらで、とりあえず遠くても良いかと朝昼兼で『明石食堂』を目指し北上。

11時のオープンにすでに人が並んでいて、どんどんお客様がやってくる繁盛店。

いわゆる沖縄そばのスープと違い、白濁した濃厚スープ。

野菜山盛りも野菜そばはちゃんぽん風。

ここも当たりのお店でしたgood

akaisisyokudo.jpgのサムネイル画像


食後はここを目指してくる途中に見かけた『サビチ鍾乳洞』へ立ち寄りました。

天気が悪いので寄ってみたものの、石垣島鍾乳洞よりかなり小さめとはいえ、雰囲気はこちらの方が好きでしたbleah

日本で唯一海に抜ける鍾乳洞だそうで、確かに奥には砂浜がhappy01sign03

sabichi.jpg

晴れていたら、来なかったであろう場所ですが、晴れていたらもっともっと綺麗だろうな~と思いつつ、ヤドカリを見つけたり、砂遊びをして小雨の中堪能。

ぐるっとドライブ後は、石垣市街でお土産を購入。

またホテルに戻り、娘念願のプール後に最後の晩餐は石垣牛の焼肉happy02

10年前に来た時には『焼肉 やまもと』へ是非と勧められ行きましたが、今回はハンバーグも食べられる『焼肉 きたうち』さんへ

yakinikuisigaki.jpg

焼肉というか、ステーキみたいな立派なお肉。

ハンバーグもお肉も最高に美味しく頂きましたupup


子供も美味しいお肉はペロリです。

お肉、お肉と贅沢に食べてましたよwink



最後は朝起きて朝食にもう一度豆腐屋さんへ。

今回はゆし豆腐そばsign03

沖縄そばにお豆腐がどかっと。

yusidofusoba.jpg

10年前も川平湾はどんより小雨、今回も雨。

石垣島を何気に堪能できずの旅でしたが、また来たら絶対に外せないほどの美味しい食べ物たち。

そこは大満足shine




この季節なら立ち寄って公園で遊んだりもできると思っての計画も、残念ながらでしたがプールで少しでも楽しめてよかったよかった。

子連れの旅は、子供の遊びを取り入れつつなので全て大人時間で動けない旅ですが、今年はカヌーに挑戦したしカニも捕まえました。

こちらではなかなか体験できないことを少しでもできたことが収穫。


また今度はどこへ行こうかなあ~~~












竹富島、西表島、由布島へ   ~旅行前編~



5日間のお休みをいただき、ありがとうございました。

今日から仕事復帰。

現実にあっという間に戻りましたhappy01

月曜日の早朝に旅立ち、10時過ぎに石垣空港へ到着。

そこからバスで離島ターミナルへ向かい、すぐに竹富島へ移動。

この日は25度と夏日で、歩いていると日差しが熱いほど。

でも汗が出るほどでもなく、心地よかったですshine

10年前に来て以来、もう一度来たかった場所。

竹富島はどことも違う魅力的な町並みの島です。

3月上旬は、ブーゲンビリアがあまり咲いていなかったので、以前の色鮮やかさはありませんでしたがそれでも白いサンゴの砂の道に独特の石垣、瓦屋根。やっぱり素敵。

”しだめ~館”というお店で塩焼きそばを。沖縄発の食事。

コショウの効いた好みのお味でしたhappy01

taketomijima.jpg

taketomiyuubinn.jpg  kanufusisa.jpg

その後レンタサイクルで”コンドイビーチ”へ向かい、娘ちゃまは水遊び。

ため息の出るほど美しいビーチは晴れているからこそ。

西桟橋にも立ち寄り、竹富観光は終了。

kondoi.jpg

taketomconndoi.jpg

石垣港に戻って、再び西表島へ宿泊の為向かいました。


西表では〝ジャングルホテル パイヌマヤ〝さんに宿泊。

おしゃれマンションのような学校のようなホテルでした。

屋上の庭も、敷地内の別のお庭も素敵でした。

難点はエレベーターがない事くらいですねwink

iriomotejyannguru.jpg

島料理なる夕食と夜はカエルの大合唱。そして星空shine

翌朝はカヌーと由布島観光をお願いしていたので、ぐっすり眠りました。

カヌー初体験でしたが、流れもほぼない川だったせいか意外と問題なく。

山に向かい少し漕ぎ、海に向かい漕ぎ、海で大量の南こめつきガニを見て捕まえて。。

この南こめつきガニは横歩きではなく前に進み、あっという間に砂の中に潜ってしまうカニでしたhappy02

お昼はお弁当と山の中で。

そして午後に由布島に渡る牛舎にのり、由布島は植物園になっているのでその中を観光。

iriomotekanu-.jpg

オオゴマダラという日本最大の蝶を森の散策中も見かけましたが、由布島の蝶園のなかで黄金のさなぎも見ることができました。

oomadara.jpg   oomadarasanagi.jpg

とっても優雅にひらひらと飛ぶ蝶です。

この日は西表を後にして、石垣島に向かい宿泊のホテルへ。

夕食はホテルに向かう途中の”島そば一番地”という島そば屋さん。

ここで八重山蕎麦をいただきました。

自家製のピパーツ(香辛料)がとても美味しかったgood

その後も島そば食べましたが、ここの自家製が一番美味しかったです。


天気予報で月曜と火曜は晴れでしたが、水木は雨予報だったのでとにかく詰め込み離島を満喫した2日間でした。


後半は、、、、、


予報通り。。。。




つづく












夏休みその③~伊勢神宮~


なかなかブログが進まず。。もう9月も終わりに近づいています。

夏休みの和歌山、三重の旅は、最後はもちろん伊勢神宮へ。

isejingu.jpg

この日は本当にお天気も良く青空が気持ちの良い日でした。

初めての伊勢参りは一応参拝の方法などお調べてみました。

外宮と内宮の距離もかなりあることも初めて知りました。

とても綺麗で美しい神社。凛とした空気を感じる心地よい場所でした。

夏限定と言われる赤福氷も食べることができ、良い締めくくりとなりました~~shine


akafukugo.jpg


この日、この後は松阪駅でレンタカーを返し名古屋経由で東京へ。

松阪駅にて牛肉弁当を電車で食べました。

2泊3日のお墓参りを兼ねた旅はこれで終了。


また何年後になるかわかりませんが、行くきっかけはある地なのでその時を楽しみに。

一つ帰ってきてから知った面白い宿泊施設の存在があり、また行きたくなりましたbleah


夏休みその②~熊野那智大社周辺とお墓参り~



1日目の夕食のことを忘れていました。

串本ロイヤルホテルに宿泊し、駅の近くのお寿司屋さん『勘八』さんへ行ってみました。

地元のお魚が食べられる、子連れも大丈夫なお寿司屋さん。

初めて聞いた名前のお魚が、『ウメイロ』と『イギス』で、どちらも白身のお魚で食べやすく、ウメイロは焼き魚も食べましたが、もっちりとしていて焼きも美味しかったheart04

子供用にミニたまごのお寿司とかっぱ巻きも作ってくれ、とっても可愛いお寿司に娘もパクパク食べてました。


さて、2日目は北上して熊野古道や熊野那智大社、那智の滝を回り新宮にあるお墓参りが目的の日。

朝、意外と晴れていると思ったら突然土砂降りになったりと、変わりやすいお天気でした。

熊野那智大社に向かい歩きはじめはやや雨ではありましたが、すぐに止み、無事に那智の滝を見終わり車に戻ったら雨が降るという、タイミングばっちりの運の良さ。

kumanokodou2.jpg  kumanokodou.jpg

気軽に向かったら、なかなかの登山張り。

汗だくになりましたsweat01

kumanonachitaisya.jpg  nachinotaki.jpg

熊野那智大社は山も一望でき、頑張って階段を登り切った甲斐ありました。そこから下り那智の滝。

雨も降っていたので勢いも素晴らしく、高さのある滝でした。

帰りはさすがにここからバスで駐車場まで。

思いのほか時間がかかってしまいましたが、綺麗な景色でしたconfident


新宮でこの後お昼ご飯とお墓参りを無事済ませ、2日目の宿泊先は伊勢志摩エリアまで行きセレクトグランド伊勢志摩という格安でも広めのホテルへ。

そのすぐ近くの『海女小屋』さんで夕食。

満席で、賑わっていて焼き貝盛り合わせのバタ貝、大アサリが初めてのもの。うつぼのから揚げも初めて食べました。

その他お野菜も美味しく、楽しいところでしたnotes


朝も早かったので、この日もお風呂の後はすぐに就寝。


3日目の伊勢神宮へつづく。






夏休みその①~和歌山 アドベンチャーワールド~


31日から8日にわたり長い夏休みを過ごさせていただき、ありがとうございました。

今年は旦那さんのご先祖様にご挨拶を兼ねての和歌山、三重の旅に2泊3日。

そして新潟のわが実家に3泊4日と過ごしてきました。

前半の旅行に携帯電話を忘れるという。。。そんなスタートでしたが、心配していた天候も運よく移動中や夜に大雨だったりとスルーできて、本当に良かったconfident


まずは最初の目的地、南紀白浜空港で降り立ち、『アドベンチャーワールド』へ

全く知らなかったのですが、和歌山に行く話をお客様にしていると『パンダの有名な動物園!!』という情報を頂き、

せっかく和歌山まで行くのなら、子供の楽しめることもしたかったので行ってみることに。

31日月曜日ということで夏休みももう終わる頃ですし、空港周辺には他に何かあるとも思えない山に囲まれた地なのでガラガラな想像をしていたら、意外と沢山の人が開園前に並んでいてびっくりeye

ほぼ調べることなく、いろんな動物たちに餌をあげたりできる情報の中にキリンがいて、ぜひそれは体験したいとおもっていたくらいの私。

開園と同時にラクダや象に乗るとか、イルカに餌をあげるとかそんなプラカードを掲げたスタッフの元に受付で殺到する人たちを見て、そ~ゆ~システムなのかと唖然(笑)sweat01

でも目的のキリンさんは申し込まずとも可能だったので一安心。

ここはイルカもいて動物園で遊園地というなんでもパーク。

広~いのでどこをどう回るかもよくわからないけれど、取り合えず娘ののる動物カートを借りてスタートshine

入ってすぐにまずトーマスの100円とか入れる乗り物につかまり、まず乗る(笑)

そして大きなアフリカゾウとパンダが早速。

子パンダが2頭と大人3,4頭で、とっても近くで見れる環境で上野動物園より断然良い感じhappy01

panda91.jpg

そして小腹の空いた私たちの目に入ってきたパンダ肉まんheart04

pandaman.jpg

園のなかの動物になっている食べ物のクオリティーが凄かったのですが、なんせ携帯を忘れた私は写真を撮ることも微妙な、、、のでお見せできるのはこの肉マンだけです。で、下に頭が映り込んでいるトラのカートが子供が乗れるやつ。


奥に進むとサファリパーク的な感じになっていて、バスで回ることも、自転車を借りることや、5,6人乗りのカートを借りることもできたり、勿論徒歩も可能で自由な感じ。

私たちはとりあえず徒歩で行きながらキリンの餌付けできたらいいな~~と。

入ってすぐに展望台のようなところがあり、マントヒヒのサル山になっていて、広大な敷地と大自然な環境に感激shine

ホント凄いですここsign03

そして100円いれてガチャガチャ方式で餌が置かれていて、マントヒヒにあげられる仕組み。

こんな感じでいろんなところに餌があり、自由にあげれるようになっているのも新鮮notes

そして坂を下り、見えてきたのは象、シマウマ、鹿、変わった牛などなど、草食動物が檻もなく近すぎる状態で見れます。

0164c2a2ba5b61128458dc90445f209a80aa09ae5c.jpg

奥に見えるのがキリンに餌を上げるための場所ですup

そしてそして。。。。

kirinesa.jpg

ど~~~~~んhappy02

こんなに近くで見たこともないし、餌だなんて大人もテンション上がるでしょっsign03

ここもガチャガチャ方式で餌を勝手にとり、そしてあげようとすると下をびょ~~んとだしてくるのでそこにこの小さな餌を乗せたら食べてくれます(笑)

その後もとにかく近くで見れる動物たちに興奮気味の私(笑)

sai.jpg

猛獣でさえ

chi-ta-91.jpg

こんな檻越しで触れそうなほど近い。

広いのと檻の中ではないからか臭いも全然気にならない。

一通りの動物を見て、この後はひたすら子供が乗れる乗り物や遊び場で遊び、

イルカショーも見て

iruka.jpg

象の餌の時間にサファリゾーンにもう一度向かってみました。

zou91.jpg

目の前に大きな象の顔bleah

そして大きな鼻が伸びてきて、鼻にニンジンやキャベツやレモンなどを渡す(笑)

娘はさすがに一度渡して鼻が手に触るのでビビるsweat01

『ママあげて』ということで、私がほぼあげました。


とにかく触れ合える動物園で、このほかにペンギンやカワウソ、リスザルにも触ることもできました。

最後はアシカや犬、鳥、サルなどの面白いショーも見ておしまい。

時間でいろんな体験ができるようになっているものの、広いので行ったり来たりができるほどではないので、計画をたて、2日くらいかけてじっくりがもっと楽しめるかもしれません。

2日間パスポートがあるのはそのせいかもですねbleah


4時半ころにここを後にして、串本までレンタカーで。

宿泊先は露天風呂からの朝日が有名な名所だったようですが、お天気は生憎。。朝は晴れ間もありましたが朝日がみれるほどではなく、2日目は時折土砂降りになったりと不安定なお天気でした。

その②はまたのちほど~~~






沖縄3日目~ミニミニ動物園(たまご屋)&青の洞窟ツアー~



3日目は子供のご機嫌とりも兼ね、とりあえず無料なのと午後の青の洞窟ツアーに行きやすい行動範囲という事を重視して養鶏場の経営するミニミニ動物園へ。

ここは養鶏所のオーナーの趣味で飼いはじめた珍しい動物が思ったよりも沢山で、真近で見られますsmile

サル、クジャク、アルマジロとかダチョウや馬、ミニミニとも言えない動物も。

すごく整った顔のお猿さんwink

 tamagya.jpg


そして、このあとは大急ぎでお昼ご飯に『海の見えるそば屋』という名前のままの沖縄そば屋さんへ。

2度目の沖縄そばでしたが、こんぶそばを頼み、山盛り昆布がいい感じでした。そして麺もスープもお店でけっこう違うのね~と気が付く感じでした。ゆっくりできず残念sweat01

uminomieruso.jpg

この後『青の洞窟ツアー』です。シュノーケルのツアーに参加し、ボートで近くまで行き見学して写真付き1人4500円。

海はやぱり綺麗でしたshine

シュノーケルで充分なほど見える。

そして青の洞窟も青かったsign03

aonodoukutu.jpg

娘はボートも怖がり、浮き輪で浮いているのも怖がり洞窟も怖がってましたが、写真になると一応ピースbleahscissors

初めてのことだらけなので大泣きしなかっただけ偉かったなと。


一丁前なウェット姿(笑)

wet.jpg


この日はこの後ホテルのプールで遊びたい娘に付き合い、最後の晩餐に。

ちょうどお部屋から綺麗なサンセットも。

sunset.jpg



晩御飯は『浜の屋』さんという海鮮居酒屋さん。

ボリュームたっぷりの美味しいごはんでした。

お魚のバター焼きがお勧めということで、それを注文。伊勢海老のうにソース、海ぶどう、お刺身、タコから揚げそんな感じ?

hamanoya.JPG



帰る日は何もできる時間がなかったので、これで今回の旅終了~。

結局毎日朝から晩まで遊び、寝不足なゆったり旅とほど遠い感じでしたが、沖縄本島はまだまだ広いので行きたいところぜ~んぜんな感じでした。


また行こうsign03

お勧めの場所あったらお知らせくださいね~~~


THE END



12

メインページ | アーカイブ | ママネタ »

このページのトップへ